第11回 納品か、引取りか (板紙段ボール新聞H27年6月7日付)掲載より

第11回納品か、引取りか

 急速な経済発展に追いつかないインド ネシアの首都
ジャカルタの交通インフラ整備。 酷くなる道路渋滞、
全産業で納品にもずい ぶん困っているようです。
今回は現地の抜型 メーカーを訪ねました。

 人口2億5千万、世界4位を誇る大国インドネシア、高い経済成長率に生活 水準が上がるにつれ段ボールの生産量も伸びています。ジャカルタのこの型屋さんも 平型に続き、ロータリー型用でも糸鋸に代わりレーザー加工機を導入し、増える受注に 対応しています。
 突然のオーダーも少なくないため、そのような時は手書きの図面に大雑把な寸法 記入、中には箱のイメージ画をファックスし、これで注文してくるお客さんもいるとか。 このため、正式図面起こしから始めなければならず大忙し。
 短納期に輪をかけて問題なのが納品方法。市内の道路は終日激しい渋滞で、 3キロ走るのに1時間なんて事態も珍しくありません。

東京の地下鉄千代田線の中古
車で通勤するジャカルタの人々

 そこで 取り入れた解決策は、納品するか引取りかを お客さんと相談。納品ならば配送料をお客さんに請求、 引取りに来てもらえるならばその分値引き。交通事情が もたらすユニークな取引条件です。
 その一方、日本ODA(政府開発援助)で鉄道整備も 進められ、小さい木型ならば電車で運ぼうかと考えている そうです。右の写真は、東京の地下鉄千代田線の中古 車で通勤するジャカルタの人々です。

質問・問合せは有功社シトー貿易 03−3949−9930へ。
次回掲載予定は7月7日号。

ページトップへ

求人応募フォーム