アンビルカバー

ウレタンアンビルF1

より高品質なダイカッティングが求められる、そしてノンストップ生産の時代<br />
資材も進化が必要です。

ジグソウジョイント式ウレタンアンビルF1の開発は

  • コストダウンを可能にする高耐久性アンビル
  • 進化する製函機に適合するアンビル
  • 製函機のポテンシャルを伸ばすアンビル
  • ますます厳しくなるユーザー品質要求に対応できるアンビル

を高次元で実現する、現場での満足への挑戦です。

ジグソウジョイント式ウレタンアンビルF1の導入で

  • アンビルシリンダー上での横ずれ問題を解消
  • 当社従来品に比べ、耐久性10〜15%アップ

という好結果が得られます。

ウレタンアンビルF1の進化 改善ポイント

1.横ずれ問題解消!
アンビルカバーとの間に隙間が発生し切れにくくなる問題を解消するため、アンビルシリンダーとの密着度を高めました。
2.ジョイント部の切れを改善!
シリンダースロット部の寸法の見直しにより、ジグソウジョイント部は従来品以上にきれいに切れるようになりました。
3.運転前の研磨不要!
金型の見直しを行いました。ジグソウジョイントの凹凸や、左右端の盛り上がりが最小限になりました。抜型を使い慣らし運転を行うだけで、ウレタン 表面が平滑になり、そのまま本生産に入れます。
4.切れ精度向上、カス落ち改善!
硬度を高めたことで、さらに切れ精度が良くなりました。その結果、カス落ちも改善されました。
5.インキ移り改善! 空回転不要!
ウレタンアンビルF1交換直後の仕事でもインキが付着することはありません。そのため運転前の空回転は不要になります。
6.ローテーション時の変形無し!
内側に変形しても元に戻るグラスファイバーを採用。頻繁にローテーションを行っても密着度はそのままです。
7.磨耗具合に偏りがない!
従来からの利点、アンビルローテーションにより磨耗具合に偏りがなくなり抜型・機械への負荷減少、打抜き品質の安定など様々な効果があります。
ページトップへ

製品情報

打抜関連
印刷関連
ソリューション
便利な化学品
各種工具・測定器
環境・職場安全
OEM
新時代のカード印刷

求人応募フォーム