お知らせ

「印刷新報 H29年2月9日付」にフレキソコンセプト社(米国)記者会見記 事が掲載されました。


  有功社シトー貿易(谷口有三社長)は、フレキソ印刷機に搭載されるドクターブレードメーカーのフレキソコンセプト社(米国)のケビン・マクローレン社長の来日に伴い1月19日に記者会見を開いた。
 マクローレン社長は会見で、世界の段ボールフレキソ印刷の最新事情などについて紹介した。その中で、世界の段ボールの美粧性について、アメリカ、ヨーロッパ、特にドイツで進んでいるが、日本をはじめインド、インドネシア、マレーシアなどのアジア圏では遅れているとの見方を示し、「米国では、どこか1社が始めると、競争原理が働いて周辺に広がっていく。新しいことを始めるブランドオーナーがいると、それをきっかけにトレンドが生まれる」と指摘した。 [・・・続きはこちらから]

ページトップへ

求人応募フォーム