お知らせ

有功社シトー貿易で取り組んでいる「救命技能認定」取得推進

 有功社シトー貿易では減災対策ならびに社会貢献活動の一環として“救える命を私たちの手で”を目指して2015年度、「救命技能認定」取得を推進して参りました。この結果、10月入社の新入社員1名を除き全役員、社員、パートタイマー20名が東京消防庁、茨城県消防本部の消防署で行なわれた普通救命講習を受け有資格者となりました。
心肺蘇生やAED、異物除去、止血法などを学習したことで、災害発生時および社会生活でこれらを必要とされる状況において応急措置が施せることを期待しております。
また、習得技術のレベルアップを図るために引き続き訓練を定期的に行って参ります。

①普通救命講習の受講

普通救命講習の受講

この講座では心肺蘇生法や大出血時の止血法、
AEDの使用方法について学びます。座学講習
から始まりその後、実際に気道の確保や胸部圧迫、
人口呼吸法やAEDの使い方について教わります。

応急処置を学ぶことで、実際の救急現場においても慌てず、バイスタンダー(その場に居合わせた人)として応急手当てを行い救急隊に引継ぐ、「助かる命を助ける活動」ができるようにしていきます。

②「救命技能認定証」

普通救命講習の受講
ページトップへ

求人応募フォーム