お知らせ

「月刊カートン&ボックス 2015年7月号」に掲載されました。

マリエン社長

「パッケージビジネスではデジタル化の進展が目覚ましいが、少なくても今後20年、
今の抜型はなくならないと確信している。抜型製造の問題解決に力を尽くしたい」

 ドイツ・CITO-SYSTEM GmbH(以下、シトー社)のユルゲン・マリエンCEOが来日し、ヨーロッパおよび世界の印刷紙器のトレンドやシトー社の取り組みについて語った。印刷関連機材や抜型用資材を手がけている同社では近年、抜型メーカーを買収し抜型製造にも力を入れている。ヨーロッパ各国の抜型メーカーと“ダイフューチャーグループ”を組織し、既存技術の改善や加工機械の開発に取り組んでいる。

パッケージが牽引する世界の印刷市場 [・・・続きはこちらから]
ページトップへ

求人応募フォーム